アイティ経営研究所 設立の思い

中小企業大学校 人吉校 講演風景
中小企業大学校 人吉校 講演風景

これまで、地元企業のマネジメントシステムの構築支援

をしてまいりました。

ISO9001, 14001, 27001,プライバシーマーク等です。

 

 

 

 

 

 

私のコンサルタントのスタートは、このISOの構築、支援が原点です。

しかし、せっかく取得したマネジメントシステムもマンネリ化し、

あまり活かせていない場合も多いのが現状です。

すごくいい道具なのに活かせていない!!

何故なのか?

 

 

地場の中小企業のかかえる問題を解決する道具として、IT技術は

劇的な効果を生みます。

というのも、IT=データは、ファクト(事実)をあらわすからです。

アイティ経営研究所は、地域の中小企業、農業等の皆様にIT経営を

実践していただくためのご支援をしたいと設立しました。

 

 

売り上げの不振の原因、営業の不振、利益率の低下、生産性の低下等

現場には様々な課題があるのですが、意外にも自社の状態をデータで

把握している企業が少ないのも事実です。

 

なぜ売り上げが減っているのか?

商品の問題ならば、商品毎の売り上げ推移を見るべきですが、このデータ

が詳細に把握されていない。

原因は不明なままです。

しかし、細かいデータがあれば、何故?という疑問に事実が答えてくれます。

ここから、改善が進んでいくわけです。

 

ITというと、ムズカシイとか、最先端とか、苦手とかいうイメージがありますが、

使わない手は有りません。

 

もし、紙に記載しているのであれば、是非エクセル表に書き直してください。

電卓での計算間違いがなくなり、劇的に業務効率があがります。

 

もし、日報を手書きでまわしていたら、是非グループウエアを使ってください。

情報が現場まで行き渡るようになります。日報が意味のある情報として役だって

きます。

 

もし、自社のホームページがなければ、無料のブログ、ソーシャルメディアで

情報発信してください。お客様とダイレクトに情報交換することができます。

 

過大な投資など必要は有りません。

まずは、自社の現状をデータとして把握し、そこから改善を始めてください。

小さな一歩から、IT経営を始めて見られませんか?

懸命にお手伝いをさせていただきます。